紫外線はニキビの原因にもなるの?

紫外線はニキビの原因にもなるのか紹介します。紫外線の影響でニキビが出来たり悪化する原因になるのでしょうか?紫外線とニキビの原因について、詳しくご説明していきます。
MENU

紫外線はニキビの原因にもなるの?

紫外線はニキビの原因にもなるの?

美肌をキープするためには紫外線をシャットアウトすることが大切だということは、皆さん知っていますよね。

 

でも、紫外線がニキビの原因にもなるということは、あまり知らないかもしれません。

 

紫外線そのものが原因となって、ニキビができやすくなるだけでなく、紫外線を受けて体の中で発生する活性酸素もニキビの原因になるんです。

 

 

紫外線を浴び続けると肌が本来持っているバリア機能が働き始めて角質を厚くします。

そのため、毛穴がつまりやすくなるという悪循環を生み出します。その結果、毛穴に詰まった皮脂をエサにしてアクネ菌が繁殖してニキビができるんです。

 

また、紫外線によって肌のバリア機能が破壊されることもあります。そうなると、肌の表面から水分が蒸発して乾燥がちな肌に…。乾燥した肌は何とかしてバリア機能を回復させようと皮脂を過剰に分泌するようになります。これもまた、毛穴詰まりを起こしてニキビが出来やすくなる原因になるんですよ。

 

紫外線が活性酸素を発生させるという点について。

活性酸素は脂質と結びつくことで、脂質を劣化させて過酸化脂質に変えてしまうという性質があります。体内の細胞は細胞膜の脂質を含んでいるので、活性酸素により劣化してしまうと細胞機能自体が低下します。細胞機能が低下すると、肌は正常なターンオーバーができなくなり、ニキビができやすい肌状態になるのです。

 

このように、紫外線はニキビを作り出す大きな原因になってしまう嫌なもの。

 

だからこそ、外出時には必ず日焼け止めクリームを塗ったり、長袖&帽子などを利用して、できるだけ紫外線の影響を受けないような工夫をすることをおすすめします。

 

合わせて読みたい関連記事

⇒静電気がニキビの原因になるの?
⇒冷え性がニキビの要因になるの?
⇒過食症はニキビが出来やすいの?

このページの先頭へ