冷え性がニキビの要因になるの?

冷え性がニキビの要因になるのか、紹介します。冷え性があるとニキビが出来たり悪化する要因になるのでしょうか?冷え性とニキビの要因について、詳しくご説明していきます。
MENU

冷え性がニキビの要因になるの?

冷え性がニキビの要因になるの?

肌は心身の状態をあらわす鏡と言われているのを知っていますか?

 

皮膚の細胞は、血液を通して栄養や酸素を受けとり、老廃物を排出しているという循環を行っています。でも、血液がスムーズに流れなくなると、その働きがうまくいかずに肌の状態が悪くなります。

 

また、体は冷えを感じると、まず内臓がある中心部を優先的に温めようとするので、手足の先や皮膚の血液の量が少なくなります。

 

 

特に顔の皮膚は、いつも外気に触れているので、冷えの異教を一番受けやすいところなんです。

 

健康な肌は28日周期で生まれ変わるターンオーバーを繰り返していますが、このサイクルが乱れると、シミやくすみ、むくみ、シワ、そしてニキビといった症状が出てきます。

 

ターンオーバーがうまく機能しなくなると!

メラニン色素が蓄積してニキビ跡が出来やすくなったり、余分な角質がたまって毛穴に皮脂がつまるためニキビができやすくなります。なので、冷えによるニキビに悩んでいるのであれば、積極的に体を温める対策をとるのが大切です。

 

一番おすすめなのが、半身浴で体を毎日しっかりと温めること。

これは冷え症の改善に一番手軽で効果がある方法なんです。お湯の温度は38〜40度のぬるめにして、20〜30分程度じっくりと下半身を中心に温めます。肩まで熱いお湯に浸かった方が効果的じゃない?と思うかもしれませんが、熱いお湯は刺激が強すぎて交換神経を緊張させてしまい、逆に血行が悪くなって、ニキビができやすい肌になってしまうのでNGです。

 

この半身浴習慣を続けていると、肌の血色が驚くほどよくなって、ニキビのない美肌をキープすることができます。ぜひ、今日から取り入れてみてください。

 

合わせて読みたい関連記事

⇒過食症はニキビが出来やすいの?
⇒勉強のストレスでニキビが出来ますか?
⇒猫背はニキビの要因になりませんか?

このページの先頭へ