勉強のストレスでニキビが出来ますか?

勉強のストレスがニキビの要因になるのか、紹介します。勉強のストレスがあるとニキビが出来たり悪化する要因になるのでしょうか?勉強のストレスとニキビの要因について、詳しくご説明していきます。
MENU

勉強のストレスでニキビが出来ますか?

勉強のストレスでニキビが出来ますか?

受験生の悩みの一つに、勉強によるストレスでニキビが驚くほど増えた・・・というものがあります。

 

 

 

受験への不安に加えて、肌まで汚くなってしまったら、とっても辛いものですよね。

 

 

 

なぜ、勉強によるストレスでニキビができるかというと!

過剰なストレスは自律神経を乱れさせてしまうからです。
自律神経が乱れると、内臓に送られるはずの血液量が減って、内臓機能が低下したり、男性ホルモンの分泌が活発になって、皮脂量が増えることが原因になっています。

 

勉強をしなければいけないというストレスと、ニキビが出来て自分に自信がなくなるというストレスによって、うつ病になる人も中にはいるそうです。

 

では、勉強によるストレスニキビを改善・解消するためにはどうしたらよいのかというと!

時間を決めて勉強するようにする

1日だらだらと勉強していませんか?それが、過剰なストレス状態を生み出しているんです。1日の勉強時間を決めて、メリハリをつけることで、ストレスを受けにくくなります。さらに、勉強効率も上がるというメリットも得られます。

 

たまには勉強する環境を変える

いつも自宅で勉強しているのであれば、たまには図書館やカフェなどで勉強するゆにしましょう。
環境を変えることで、気分を変えることができるので、リフレッシュしながら勉強を進めることができます。

 

目標設定をする

明確な目標設定を持つことで、モチベーションが持続します。何のために頑張っているのか分からないことに、人間はストレスを感じやすくなるものです。

 

これらのことを意識するだけでも、ストレスは半減します。そうなると、自律神経バランスも整い、肌調子も一気によくなって、ニキビも自然に治っていきますよ。

 

合わせて読みたい関連記事

⇒猫背はニキビの要因になりませんか?
⇒サウナはニキビにいいの?
⇒運動はしない方がニキビの治りが早いの?

このページの先頭へ